骨盤ベルトの選び方

世の中には、たくさんの骨盤ベルトが売り出されています。
サロンにいらっしゃるお客様もいろんなベルトをもって来られます。

ほとんどが使えないね。ってご使用をやめていただくことが多いです。ごめんなさいね🙇
骨盤ベルトでなくて、お腹にあてるのを骨盤ベルトだと思っていらっしゃる方も多いなあと思います。
お腹や腰周辺に巻くものを骨盤ベルトと思っていらっしゃる方が多いということでしょうね。

妊娠中や産後に適したベルトは、
・ほとんど伸縮性がないもの
・鼠径部を締め付けないもの
・幅が7cm程度のもの

巻く位置は、
・自分の身体の幅が一番広いところ(腰より下、足の付け根の骨がある所)
・恥骨にあたる所

巻く強さは、
・巻いた後、正座してもきつくない

巻く前に
・身体を整える(整体)
・お尻を挙げて内臓を上にあげる

こんなにたくさん注意点があります。

お友達やご姉妹のおさがりは相当きれいなものでないと、お勧めしません。
お一人お一人に合ったサイズ、ベルトの種類があります。
着けた後、気持ち悪い時はちゃんと巻けてないですよ。

骨盤ベルトをして、ママも赤ちゃんも快適にしましょう。

こちらをご参照ください。