安産のための骨盤ケア教室の内容、2つだけご紹介

骨盤のゆがみ

無痛分娩の勉強会に行ってました。
そこでの産科のお医者さんの発言。

「帝王切開になる産婦さん、仙骨(俗にいう尾てい骨?)が出っ張っていると、腰産と言って痛みがひどいし、回旋異常を起こしやすい。そこは妊娠中から診てないといけないです」と。
今どき分娩を取り扱うお医者さんから聞けると思っていませんでした。
素晴らしい。
私たちが妊婦さんにお伝えしていたことですが、こんなこと言ってくださる産科のお医者さんがまだいらっしゃったんだと感激でした。

昔、産婆さんが分娩を扱っていたころは大事な観察ポイントだったはずですが、今はおろそかになっていることの一つです。
でも、難産になることが多いのは今も昔も同じです。
赤ちゃんの大きさによって大丈夫なこともありますが、仙骨が突出していることは、お産にはよくないことの一つです。

仙骨が突出するのは、骨盤のゆがみの一つです。
仙骨がなぜ突出するか、それは成育歴や日常生活に大きく関係すると考えられています。
じゃ、妊娠してからわかってもどうしようもないことなのか?
そうでもありません。
妊娠中は骨格が柔らかいので、妊娠の初期から横向きで寝るときは、足の間にクッションを入れましょう。
なるべくあおむけで寝ると、仙骨が飛び出る心配が少なくなります。
また骨盤ベルトを選ぶときに、仙骨をしっかり押さえて、後ろに飛び出さないようなデザインになっているものにしましょう。

なんだかよくわからない・・・
これでいいのか心配・・・
そもそも仙骨が出っ張っているのかわからない・・・
という方は、骨盤ケア教室や個別のケアで心配や不安を解消しましょう。

操体法

妊娠中や産後はホルモンの影響で骨格が緩くなっています。
なので、余計に筋肉が頑張ってこってしまう方も多いようです。
でも、ストレッチなどではなかなか痛みが取れにくい方も多いのも事実です。
骨盤ケア教室では操体法を取り入れた体操をします。
操体法・・・初めて聞きましたか?
整体の中には操体法といって、ストレッチよりも身体を整えやすい体操があります。
動きはストレッチよりも穏やかですが、身体が整えられるので、とっても不思議です。
操体法はご家庭でもやっていただけるものです。

なかでも評判が良いのが、「ネコの操体法」
①四つ這いになって、背中をそらせたり、丸めたりして、自分がどちらがやりやすいか決めます。
どちらもきつい方は、ゆっくり、小さい動きにして選んでください。
②やりやすいほうにゆっくり動かして、7秒ほどキープします。
そのあとゆっくり戻して7秒ほど休みます。
(この時の休みがとても大切で、しっかり力が抜けるのを意識しましょう)
③やりやすいほうにあと2回動きます。休みも毎回入れます。
④(やりやすいほうに3回動いたら、)1回だけやりにくいほうに動いて7秒ほどキープします。
ゆっくり戻してしっかり力が抜けるように休憩したら終了。

最初と最後にに背中をそらせたり丸めたりした要領でチェックしてください。
不思議なことに、やりにくかった方が改善しているはずです。

この「ネコの操体法」は、腰痛をお持ちの方に効果があります。
でも、すべての腰痛に効果があるわけではないので、動かして気持ちよくない、ゆっくりやっても痛い、という方はやめてくださいね。
無理のない範囲でするのがよい体操です。
気持ちよくなったからといって、力任せにやらないでくださいね。

サロンでは、身体を整えたり痛みをとる施術はもちろん、こんなに簡単で効果的な体操のしかたもご紹介しています。
操体法を使ったセルフケアは体の調子を早く改善させるのに効果的なんです。