運動してますか?

最近、お客様のお母様もサロンにいらして施術させていただくことが増えました。
ありがたいことに、三世代にわたって施術に来ていただくわけです。
お客様のお母様と言えば、私と同年代。
今まではほとんど、同年代の方たちの施術をしてこなかったので、新鮮です。

施術をしていて、思うことがあります。
ほとんどの方々が運動不足。

私は毎朝江津湖で運動をしています。
お客様を整えるからには、自分を整えておかないと、お客様に迷惑をかけてしますからです。
腰を痛がっていたり、肩が動かせない整体師に施術してもらいたくないですよね。
だから、毎日運動しています。
お客様のためでもあり、自分のためでもあるのです。

江津湖には、たくさんの方たちが運動をしに来ます。
でも、おじいさんやおばあさんが多いです。
私と同年代の方は少ししかいません。
(私も見方によっちゃ、もうおばあさんなのですが・・・)

私たちと同年代の方は、まだ現役世代なので、朝から運動する暇がないのかもしれません。

そのせいか、痛いところがあると、なるべくそこを動かさないようになりがちです。
かばって生活していると、痛かった周囲は動かなくなって、硬くなります。
硬くなると痛いところがもっと増えます。
痛みもひどくなります。
悪循環です。
 

わたしの友人は、ひと月前から私と一緒に朝の運動をはじめました。
腰痛と、肩こりと、腕が上がりにくいといった症状を持っていました。
彼女は毎日ハードなお仕事をしているので、決してなにも運動していないわけではありませんでした。
でも、お仕事で動かすところはいつも決まってくるので、筋肉の動きも単一化しやすくなります。
他の動きはしないから、使っている筋肉が偏って、いろんな痛みの症状が出やすくなります。

運動し始めたころは、手が上がりにくくて重い、あちこちがポキポキいう、筋肉痛がするという症状が出ました。
それでも、「このままじゃいけない」という気持ちと、朝運動するとすっきりして気持ちいいというのが支えになったようです。
毎日休まず、私と運動しました。
痛い時にはセルフケアの体操も取り入れました。

ひと月・・・
何と!顔の周りのむくみが取れたので、お母様に『すっきりしてきれいになったね』と言われたそうです。
腕も上がるようになりました。
肩こりも感じ真くなりました。
身体もだいぶ柔らかくなりました。
腰もほとんど痛くなくなりました。
今では、動かさないと気持ち悪いと感じるほどになりました。

ひと月続けるなんて大変と思うかもしれません。
でも、あっという間に経ってしまう日でもあります。
無理のない範囲でかまわないので、身体を万べんなく動かすことは生き物にとって大事なことです。

産前産後の方も、私と同年代の現役世代の方も、日常生活に追われて大変な時ではありますが、身体を動かしましょう。
それだけで、痛みとは縁のない生活をすることができる人たちがたくさんいるはずです。

痛い時は、整体とかマッサージに通ってください。
でもそれに頼りっきりにならず、身体を無理のない範囲で動かしましょう。
手が痛くても、肩は大丈夫だったり。足は大丈夫だったり。

長生きしても、身体が動かないのはつらいものです。
少しずつでも動かして、自分で健康を維持していきましょう。