赤ちゃんの誕生

うれしいことがありました。

第1子を出産した後から私のところの来ていたお客様が、第2子を出産したのです。

最初の妊娠の時は骨盤ケアを知らなかったので、少し早く生まれて小さい赤ちゃんでした。

小さいために、なかなか母乳を吸ってくれませんでした。
産後のママの身体は恥骨結合離解といって、骨盤正面の結合部分の靭帯が緩み、骨が左右に分かれてしまったのです。
そのため、ひどい痛みがおきました。心身ともに疲れ切って、私のところに来てくれたのです。

産後の体調が戻っても、もともと腹筋やおしりの筋肉も強いほうではなく、生理になると恥骨が痛いことが繰り返されました。

そんな状態だったのですが、第2子を妊娠。
喜びと同時に、また痛みをくりかえすのではないか…、また早産になるのではないか・・・と心配もしていました。
痛みって恐怖ですからね。心配して当然だったと思います。

でも、彼女は、『今度は私には骨盤ケアという武器がある。だから大丈夫。』と熱心にセルフケアに取り組みました。
これが母という強さなのでしょうか?大したものです。
私はこういう気持ちになってくれたことに、尊敬の念すらおぼえます。

こころも安定して、おなかもふわふわで、一度も切迫流産や切迫早産にならずに、40週を迎えました。
前回が早産だったので、彼女は早く出てきそうな気がしていたようです。
でも実際は、周りがいつ生まれるのか心配するほど、おなかの中は居心地がよかったのでしょう。

陣痛が始まってからは順調に進み、無事、約6時間後女の子を出産。『体を整えておいてよかった』と感想をくれました。早速、妊娠前から巻きなれたトコちゃんベルトを巻いているそうです。

今度の子どもは、3000gくらいあるので、母乳しっかり吸ってくれるでしょう。
なにより、骨盤ケアして生まれた子供ですから、育てやすいことは間違いないのです。
頑張り屋さんの彼女ですから、今度はきっと最初から、子育てを楽しんでくれると信じています。

今度会えるのが待ち遠しいです。骨盤を整えて楽しく育児するのを応援します。