産前産後は早めのお手当て・・・

妊娠するといろいろなところが痛くなりやすいですよね。
それは、リラキシンというホルモンが出て身体をゆるめてしまうことが原因と考えられています。
でも、痛いところが痛みの原因ではないことがとてもたくさんあります。

腕が上がりにくいと言ってこられた女性、原因は親指にありました。
肩が痛くて、腕が重すぎるという女性の原因は、外反母趾でした。
左膝が痛いと言っていた方の原因は、右の背中の筋肉のコリが原因でした。

痛いところに原因があると思いがちで、確かにそこを押さえると気持ちいいことが多いですよね。
でもそこが原因ではないことがほとんどです。
なので、痛いところをマッサージしたり温めて一時的によくなっても、すぐに痛みがぶり返してしまいます。
妊娠出産に関係なくそういうことがおきます。

しかし、妊娠中は早く痛みをとってあげないと、妊婦さんも赤ちゃんもリラックスできません。
産後も、痛みを抱えて育児するのは産後の肥立ちによくありません。
産後は特にホルモンがアンバランスになりやすいし、慣れない育児で身体も心も疲れています。
痛みや育児ストレスのせいで産後うつの症状が出てくる方もとても多いのです。
産婦さん約12パーセントくらいは産後うつの症状がでると言われています。

産前産後ほど、痛みの原因を早く確実に探し出して、正してあげる必要があります。
産前産後は自宅ケアでいつまでも様子を見たりせず、早めにメルティングタッチでお手当てを始めてください。

メルティングタッチでは原因を見つけ出して、直していく方法をとっています。
また、育児の方法もお伝えしています。
赤ちゃんのお世話と身体のケアはどちらも欠かせないと考えているからです。
身体を治しても、赤ちゃんのお世話が大変だったら、すぐに元の悪い身体に戻ってしまいますよね。
赤ちゃんのお世話が楽にできるように、楽しくできるようにお手伝いしています。

ママの身体も赤ちゃんのお世話も一緒によくしていきませんか?