乳腺炎と骨盤ケア

産後退院直後の乳腺炎が起きることがあります。

赤ちゃん出産後に退院したら、家族が喜んで、ごちそうを用意してくれることが多いですね。
みんなが大歓迎、今まで体重制限で頑張ってきたから、さあ何でも好きなものを…と食べてしまう方もいると思います。

でも、退院の頃は、おっぱいのコントロールがつかない時期です。
赤ちゃんがどのくらい吸ってくれるかわからないまま、おっぱいは母乳を作り始めます。
赤ちゃんはまだおっぱいを飲むのが下手だったり、飲む力がなくてすぐ寝てしまったり。
ママの母乳はちゃんと赤ちゃんが欲しいだけ作られる状態ではないのです。

でも、昔からおっぱいの出がよくなるようにと、お餅を食べさせる習慣は続いていますね。
おっぱいのコントロールができてない時期に、お餅を食べることはとっても危険。
お赤飯などのおこわ類も同じです。
あっという間におっぱいがカチカチになって、乳腺炎に。
赤ちゃんによっては、おなかが張って、よく飲めなくなる子も。

おっぱいのためには、ごはんとみそ汁がベスト。
食事に気をつけようと思っても、なかなか難しいですね。
そんなあなたにおすすめのおっぱいチェック方法。
実は、『味見』
おっぱいテイスティング

毎回授乳する前に味見してみましょう。
指にちょっとつけて、味見してみてください。
ほんのり甘くておいしい時、なんだか生臭い時、あぶらギッシュな時、いろんな味があることや温度の変化があることを知っていただけると思います。

離乳食が軌道に乗るまで、赤ちゃんはおっぱいだけ(ミルクもあるけど)が唯一の栄養で、それしか口にすることができないんです。
私たち大人は、嫌いなものを食べなくて済みますが、赤ちゃんはそういうわけにもいきません。
まずかったら、おっぱいを引っ張ったり、かんだり、嫌がって泣いたりします。
食べるもの、飲むものが、それしかないのに、ちょっとかわいそうです。
だから、『今のおっぱいはおいしいかな?』 とママがテイスティングしてみてください。

おいしかったら、自信をもって授乳できます。
そうでない時は、その次の食事や水分で調整してください。

日頃からテイスティングしていると、何をどのくらい食べての大丈夫なのか、わかりやすくなりますよ。

骨盤ケアもおっぱいトラブルには有効です。
全身をはじめ胸周辺の循環がよくなるからです。
骨盤ケアも怠らないようにしましょう。

乳腺炎が疑われる時は、とにかく何度も飲ませる。
キャベツの葉程度のシップをする。
(保冷剤などは使わないでください。今度は出なくなります。)
四つ這いで部屋をうろうろする。
助産師のおっぱいマッサージを受ける。

などをやってみてください。

次回は、赤ちゃんのお口の機能と乳腺炎についてお伝えします。