妊娠してまずすること

妊娠して、さしあったってやることって何でしょう?
まずは、休養。
睡眠は十分にとれているでしょうか?
毎日お仕事に追われて自分の身体のことが二の次になっていませんか?
休養は十分にとりましょう。
もうおなかの中に赤ちゃんがいます。
あなた一人の身体ではなくなっています。
かといって、やっていた運動を一切やめてしまうことはありません。
主治医に確認して、無理のない範囲で続けましょう。
きついなと思うときはお仕事も運動もお休みする勇気も必要です。

次に栄養。
妊娠初期には葉酸。
産婦人科でも指導があると思いますが、積極的にとりましょう。
つわりの時期と重なって、葉酸が取れなくなることもあります。
本来は食事からが理想的ですが、サプリメントを使うのもいいです。

下着を変える
妊婦さん用のおなかを覆う大きなパンツはやめましょう。
身体が一回り二回り大きくなる可能性があるので、お腹や足の付け根(鼠径部)を締め付けない(ゴム跡がつかない)パンツを選びます。
ブラは乳腺が発達するので、締め付けない物を。
特につわりの時期は、胸の締め付けがつらいものです。
柔らかい素材のものに換えましょう。

骨盤ケアを勉強する
快適な妊娠、安産、楽しい育児には骨盤ケアが欠かせません。
お母さんやお祖母ちゃんの頃にはありませんでしたから、いらないという方もいますが、今はそんなに筋力や体力がある人は少なくなってきています。
自分に骨盤ケアが必要かそうでないか、知るためにも勉強しましょう。
いらないと思ったらしなくてもいいんです。
でも、現代女性はやっておいた方がいいはずです。
妊娠初期はいらないと思っても、中期、後期と進むにつれて、ケアしたほうがいい方が増えます。
健康なら、毎月1回のケアで出産まで気持ちよく過ごせますよ。
その時、その人に合ったセルフケアの方法や注意ポイントをお伝えしますから、不安なく出産が迎えられます。

ママの身体は、赤ちゃんのおうちになります。
気持ちのいいおうちですくすく育ててあげましょう。
生まれてからの育てやすさが違います。