妊娠中のパンツ

以前から、妊婦さんが施術に来ると、おなかを見て、『ゴム』の跡がつかないようにゆるい下着やボトムスをつけてもらうようにお話しています。

それは、たかが『ゴム』といっても、なかなか悪影響があって、おなかの赤ちゃんを押し下げたり、内臓の下垂をひどくしたり、逆子が戻りにくくなったりすると指摘されていたからです。

 

先日、私のところに来ていただいてる妊婦さんが、ずっと逆子だったのですが治りました。
私のところに来るときには、おなかにゴム跡はついていなかったのですが...
実はお仕事中はいているズボンが原因だったようです。
ある日から、もうそろそろおなかがきつくなったので、ワンピースタイプの制服で仕事をするようにしたそうです。
次の健診の時には、おなかの赤ちゃんは頭を下に向けていたそうです。

 

逆子で、頑張って体操している妊婦さん、おなかにゴム跡がついていませんか?
ついていたら、きついサインなので、ゴム跡がつかないようにユルイものに変えたり、ゴムを抜いたりしてくださいね。
特に、タイツやストッキングはきついので、トコちゃんベルトをつけるあたり(恥骨付近)までにしてくださいね。
ショーツは、大きなものでなくて、妊娠する前に履いていたくらいの丈の小さいものでOKですよ。

お腹の保温には、腹巻を使いましょう。