トコちゃんベルトのつけ方

トコちゃんベルトのつけ方って、やっぱり自己流じゃ効果ないんです。

トコちゃんベルトを買って、症状が改善しないから…と施術をご希望される方が多いです。
施術に来てくださる方の中には、「持ってるのに使ってなかった」とか、「痛いから、ぎゅうぎゅうに締めていた」 「場所が違ってた」 「巻く方向が違ってた」などなど・・・・・。
結局、効果がないとか、ほかのところが痛くなったとか伺うと、我慢されてたんだなあと思います。
実はママだけが辛抱しているのではなくて、赤ちゃんも苦しい思いをしています。

『ベルトのつけ方なんて、そんなに違わないはず』と思っている助産師も多いです。
はっきり言って、ちゃんと身体を整えて、内臓をあげて、場所、強さに気を付けながら巻けば、自己流でするのとは大違い。

身体の整え方や、本当の巻き方を知って、ぜひ有効にトコちゃんベルトを使ってください。
あまりお安くないベルト。
だからこそ、なるだけ気持ちよく、長く使ってほしいです。
でも、気持ちよく巻くのってやっぱり難しいようです。

原因はいくつか考えられます。

体を整えていない
トコちゃんベルトを巻く前には、体を体操や、操体法で整えてから巻いていただきたいのですが、
巻くことが一番重要と思っている方が後を絶ちません。

体が気持ちいい、気持ちよくないということに気づけない
体の不調に長い間気づかないまま生活していると、何が気持ちいいか、どうすれば気持ちいいか
感じられない方がいます。
体が冷えていたり、歪みが強い方にそういう傾向があるように感じます。
そういう方は、体操しても気持ちよいのかよくわからないので、効果的に体を動かすことができていないのかもしれません。
「きもちがいいって・・・?」と自分の体の声に耳を傾ける習慣をつけましょう。
だんだん気が付くようになってきますよ。

ベルトをきつく巻いてしまう
痛みが強い方はついつい、きつくベルトを巻いてしまいがち。きつく巻くと時間が経つにつれて、不快感が出てきます。
巻き方の指導を受けてみてください。
「えっこんなにゆるくていいですか?」という方が多いです。

巻くと大丈夫と過信してしまう
お腹の赤ちゃんが下に下がり気味だと、十分時間をかけて骨盤高位にしなかった場合、
すぐに不快感が出てきてしまうと感じる方がいるようです。
おしりに枕を敷いて、5分くらい時間をかけて骨盤高位にしてから、巻いてください。
また、体調によっても気持ち悪く感じることもあります。
そんな時は、ベルトを巻くことに執着しないで、すぐに外すことをお勧めします。
体操や操体法の気持ちよくできるものを繰りかえしてみましょう。
また巻いてみて気持ち良ければ巻く、気持ちよくなければ巻かない。
体調によっては巻かないという選択肢もありです。

トコちゃんベルトのつけ方って、やっぱり自己流じゃ効果ないんです。

どうもうまくいかないという方、ご相談ください。
個別の対応でずいぶん変わる方が多いです。
個別対応をご希望の方は、骨盤ケア教室でなく、施術をお申し込みください。