痛みに気づいてますか?

時々、自覚症状はないけど、気になるから…と来ていただくお客様がいます。
気になるだけで来られるなんて、意識が高い方だなあと感心するのですが・・・

実は、逆子でしたとか、切迫流産で入院しましたとか、出産時に出血が多かったですとか・・・・
あらあら、結構骨盤ケアの対象なんじゃない!

そして、施術前に体のバランスを見せていただくと、よく痛くなかったですねって感心するレベルの方が多いこと!
骨盤の高さの左右差がひどかったり、肩がとても内側に巻いていたり・・・
痛いのが普通なのに、痛みを感じない方が意外とたくさんいます。

人間の体って痛みが体の危険を知らせる信号なのです。痛くなかったら、自分でわからなくてどんどん進んでしまうでしょう?
今の社会では痛みは悪いものだと思われがちです。
でも、痛みを≪信号≫と理解すると、痛みどめなどの対症療法ではなく、休めたり、ゆるめたり、体をいたわる発想が出てくるはずです。
気づかないでほったらかしだったら・・・と考えると本当に怖いです。

いつの間にか怖い病気になることもありますから、ちゃんと体の不調には向き合うようにしましょう。
皆さん痛みっていう≪信号≫があったら、よく振り返ってみましょう。
なにか原因があるはずですよね。
抱っこの時間が長いとか、寝返りが打ててないとか、中腰でおむつを替えることが多いとか・・・
そんな時は、原因を取り除く方法を考えてくださいね。

自覚症状がないのに、やたらと骨盤ケアが気になる方、体が教えてくれてるのかもしれません。

一度、骨盤ケア教室や、施術を受けてみませんか?
こんなセルフケアの本もありますよ。