赤ちゃんの汗疹、湿疹

暑い日がやってきますね。

赤ちゃんがいらっしゃるご家庭では、あせもや湿疹でお困りではないですか?

以前はあせもというと、シッカロール(ベビーパウダー)でしたが、あまり使われなくなりました。
汗腺をふさぐからということです。
それでもまだ、時々お年寄りのいらっしゃるご家庭では、使ってらっしゃるかもしれませんね。
この際やめておきましょう。

あせも予防にはほかに、行水(ぎょうずい)・・・この前行水と言ったら、「なんですか?」と聞かれて、『これ(行水)も、最近じゃ使われないの?死語?』と自分の年齢が思ったよりいってしまったことに気づくのでした。

行水は、お風呂じゃないけど、「たらい」などで汗を軽く流すことですね。
そういえば「たらい」も見当たらないから、行水もわからなくなったのね。
「たらい」…じゃなんといえば伝わるか…『ベビーバス』とか、『ビニールプール』とか…

こう暑いと、ママたちは、お風呂以外に何回か、ぬるいお湯に赤ちゃんを入れていると思います。
それでいいのですが、あせもや湿疹があるときは石鹸を使ってよく洗うのがよいと思っている方も多いようです。

実は、石鹸は一日に1回でよく、行水の時には、石鹸を使う必要はありません。
石鹸によって、皮膚のバリアがなくなっていくので、何回も使うことの方が、皮膚のトラブルを起こしやすくなります。

石鹸を使って洗ったら、しつこいくらいにすすぎましょう。
シャワーで流してますという方が多いですが、それくらいでは石鹸分は全部とれてません。

保湿剤で軟膏やオイル系のものを使っていらっしゃる方は、しっかり泡立つように洗いましょうね。
とれていないと、上塗り状態になるので、治るものも治りません。

石鹸は一日に1回しか使ってないけど、あせもや湿疹が治らないという赤ちゃんには、アミノ酸系の洗浄剤を使ってみることをお勧めします。

洗い方が分からない、すすぎ方が分からない、アミノ酸系の洗浄剤がわからない・・・という方は、お問い合わせください。この子は、湿疹ができた時からアミノ酸系の洗浄剤を使って洗い、一度もオイル系の保湿剤を使わずにローションのみを使っている赤ちゃんです。

つやピカを小児科でも褒められるとママが自慢してました。