骨盤ケアの体操

 

骨盤のゆがみといってもいろいろあるのですが、
もしかして、硬い床にあおむけで寝た時、おしりの骨が当たって痛くないでしょうか?

そういう人は仙骨が飛びだしています。
仙骨が飛び出していても、ゆがんでいるという認識がなかった方も多いのではないでしょうか?
『痩せているから』、『みんなそうだと思ってた』 と話される方多いですよ。

仙骨の飛び出しは、横向きで寝ることによってひどくなりがちです。
これによって、出産のときに赤ちゃんがスムーズに出てこれなくなることもあります。
簡単な運動で治る可能性が高いので、早めに取り組んでくださいね。

では、骨盤っていつの間にゆがむのでしょう
よく、一度は整体に行ってゆがみをとってもらったんですっていう方がいらっしゃるんですが…

妊娠するとすぐに、緩み始めるので、ゆがみやすいです。
出産は、当然ゆるみが最大になるし、赤ちゃんが通りますので、ゆがみやすいです。
帝王切開も、麻酔をかけるので、実はゆがみやすいです。
産後も、まだまだゆるみが残っているので、ゆがみやすいです。
毎月の生理の時も、体がゆるんでいるので、(妊娠中や産後ほどではないけど)ゆがみやすいです。
やせて筋力がない方も、ゆがみやすいです。

女性は生活のいろんな場面で、ゆがみと付き合っているのです。
だから、一度くらい整体に行っても、完全に歪みのない体にはなりません。

そこで、セルフケアを覚えて、毎日体を整えましょう。
少しずつ、ゆっくり、無理なく骨盤矯正されていきますよ。

実は、今日は寝坊してしまいました。
目覚まし時計をセットし忘れて…

いつもやる体操(骨盤ケア教室で紹介している操体法)ができないほどの時間になっていました。
すると調子悪いわ。
屈んだりするとき、腰が重い…体の切れが悪い。

朝食後、やっと時間を確保して、いつもの体操を・・・ 復活しました。
起きる前に体に油を差さないといけないようになってしまったんですねえ。
毎日快調に過ごせていると思っていたのは、操体法をやっていたからだと改めて気づきました。

毎朝、気持ちよく起きれない方、起き抜けに腰が痛い方、よい体操をご紹介します。
自分で思っている以上に、骨盤ケア体操は生活の中で大切です。
自分でゆっくり骨盤矯正できていきますよ。