おむつかぶれ

暑い日がやってきますね。

ついつい冷たい飲み物、食べ物がほしくなります。
特に妊娠中、授乳中のママたちは、暑がって冷たいものをとっているかも…

生まれてから1か月くらいの赤ちゃんは、一日に何回もうんちが出ますが、そのあとは少なくなってきます。
もし、生後2か月以降で、新生児期と同じ回数のうんちが出ていたら、ちょっと出すぎかもしれないと疑ってみましょう。

そんな時、おしりはかぶれやすいですね。
市販のおしりふきでも刺激になってしまう赤ちゃんもいるので、うんちが出たら、洗い流したり、ぬるま湯に浸したカット綿で拭いてあげましょう。

<洗い流す方法>

洗面器におしりを入れて…
おむつやタオルの上で、急須やドレッシング入れを使ってぬるま湯を流す・・・
シャワーで流す…

洗い残しがないようにしましょう。
足の付け根などはウンチが残りがちです。
皮膚が重なっているところは念入りに…

さらに、ドライヤーでサラサラになるまでしっかり乾燥させます。

赤ちゃんは案外気持ちがいいらしく、おとなしく乾燥させてくれます。

*ドライヤーを使うときは、おしり付近に手を置いて、熱くないか確認しながら乾燥させてくださいね。

サラサラになったお肌に馬油などを薄く塗っておくと、被膜を作って、うんちが直接お肌を刺激するのを防いでくれます。
でも、オイル類も、お肌に負担がかかる赤ちゃんがいるので、塗った後は、お肌の様子に気を付けてくださいね。

市販のベビーオイルや、ワセリンは鉱物油なので、私はお勧めしてません。

そして、とっても大切なことをあと一つ。

ママが冷たいものを食べたり飲んだりしていると、あったかいおっぱいが冷めてしまいがちです。
せめて常温の物をとってください。冷え性なかたは、生野菜や甘いものが多いだけで、冷えが助長されますので、温かいもの、お米、根菜類を食べるようにしましょう。
代謝を上げてくれますよ。